母乳育児の基礎

母乳育児の基礎

母乳は100を超える物質が含まれ、赤ちゃんの栄養としてはほとんどパーフェクトといっていいものです。まず、母乳がミルクより圧倒的に優れている点として、免疫物質が含まれていることがあげられます。免疫物質は母乳にずっと含まれ続けているのですが、出産後最初に出てくる初乳には特に大量に含まれます。そして、胃や腸の粘膜の表面に広がり細菌やウィルス、アレルギー物質の進入を防ぎます。これにより、赤ちゃんはおよそ半年の間は、病気に対する抵抗力を持つことができると言われています。

 

カルシウムや鉄分の吸収、脳や中枢神経の発達、さらにはビフィズス菌の増加を促す乳糖は、牛乳の2倍も含まれます。乳糖はゆっくりと分解されていくので赤ちゃんの体にとても優しい糖分です。脳や網膜の発達を促すタウリン、リノール酸などの不飽和脂肪酸、脂肪の分解を助けるリパーゼも含まれます。各種ミネラルも赤ちゃんが分解消化できるちょうどいい量が含まれ、ビタミンもバランスよく取れるようになっています。ただし、ビタミンKだけは含まれていないため、シロップで投与します。また、母乳に含まれるたんぱく質や脂肪分は非常に消化がよく、赤ちゃんの胃に負担をかけません。

 

赤ちゃんの体に必要なものほとんどすべてが適量に含まれる母乳は、赤ちゃんを育てていく栄養としてもっとも望ましいものです。そして、そのことのみならず、母乳を与える行為そのものが、お母さんの愛情を赤ちゃんにストレートにすばらしいスキンシップなのです。

母乳を飲んだ赤ちゃんは病気にかかりにくいといわれます。母乳に含まれる免疫物質、分泌型免疫グロブリンは胃や腸の粘膜に広がって、ウィルスや細菌、アレルギー物質の進入を防いでくれます。この免疫物質が多量に含まれる初乳を赤ちゃんに飲ませることで、およそ6ヶ月の間、病気に対する抵抗力が赤ちゃんに備わると言われています。また、成乳になっても、量こそ減りますが母乳には常に分泌型免疫グロブリンは含まれ続け、赤ちゃんを守り続けるのです。

 

また、おっぱいを吸って母乳を飲むためには、顎の力が必要です。ほ乳瓶からミルクを飲むことと違い、乳腺を強く刺激する力がなくては母乳は出てきてくれません。授乳の度に赤ちゃんは顎の力を鍛えているようなものです。これにより、口腔の筋肉も発達して噛む力を育て、言葉の発音の発達を促し、離乳食の準備にもなります。噛むことによって脳の発達を促し、唾液が良く出て消化も助けます。

 

お母さんのお腹の中で守られてきた赤ちゃんは、免疫物質に守られている間にどんどん病気に対する抵抗力を持つようになっていきます。お母さんからもらう母乳は赤ちゃんにとってベストな栄養バランスですから、赤ちゃんの体もまた望ましいバランスに育っていきます。さらに驚くべきことには、母乳は赤ちゃんの成長過程において、その都度必要な成分の含有量が変化していきます。母乳育児で育てられた赤ちゃんが病気になりにくいのは、当然のことといえます。母乳で病気を寄せ付けない丈夫な体を育んでいきましょう。

母乳は消化がいいといわれます。消化がいいということは二つの要因が考えられます。母乳そのものが赤ちゃんにとって消化吸収しやすいものだということと、赤ちゃんの腸内環境が整っていることです。母乳のたんぱく質や脂肪分は、消化能力が未熟な赤ちゃんにも容易に分解できる組織になっています。さらに、最初に出るおっぱいには脂肪分が少なく、飲んでいるうちにだんだん増えて濃くなっていくので、赤ちゃんが脂肪の取りすぎになりにくいといわれます。脂肪は赤ちゃんのエネルギー源です。

 

母乳の中には脂肪分解酵素のリパーゼも含まれているため、効率よく脂肪を分解してエネルギーに変えることができます。そして、母乳は赤ちゃんの成長段階に合わせて成分が変化していくので、そのときの赤ちゃんの消化能力に見合うものがお母さんのおっぱいから分泌されているのです。また、母乳に含まれる乳糖にはビフィズス菌を増やす働きがあります。そのため母乳で育てられている赤ちゃんの腸の中にはビフィズス菌が多く腸内環境が整っています。言い換えれば、母乳そのものを飲むことで赤ちゃんの消化能力が高まっていく循環が生まれていきます。

 

人間は哺乳動物です。その観点から見れば母乳は赤ちゃんにとっての絶対的な栄養源です。母乳が赤ちゃんにとってもっとも望ましい食物であることからしても、母乳が赤ちゃんの体内に効率よく取り込まれていくこと、すなわち消化吸収がいいことは自然の摂理なのです。

母乳育児で赤ちゃんを育てることには、お母さんの体にとってもいいことがたくさんあります。赤ちゃんがおっぱいを吸うと、その刺激によりお母さんには母性を育てるホルモンが分泌されます。プロラクチンという物質で、催乳ホルモン、母性愛ホルモンとも呼ばれています。出産直後に大量に分泌され、赤ちゃんを思う母性愛を育てたり、母乳の分泌を促す作用があります。出産直後が母性愛の成熟期であると言われるのもこのためです。

 

また、やはり赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、オキシトシンという物質が分泌されて、子宮回復が促されます。お母さんの体の回復は子宮の回復と大きくかかわってきますから、オキシトシンが分泌されることでより早くもとの元気な体に戻ることができます。母乳育児で赤ちゃんを育てたお母さんは、子宮ガンや乳がんになる確率が低く、また、更年期障害も比較的軽いといわれています。

 

さらに、赤ちゃんがおっぱいを飲む回数が、お母さんの排卵をコントロールします。赤ちゃんが母乳を飲んでいる間、半年から1年くらい排卵はありません。確かな効果ではありませんが、出産直後の妊娠は母乳をあげていることで回避できる可能性が大きいといえます。哺乳動物である人間にとって、子どもを育てるサイクルの中で授乳はごく当たり前の行為で、自然にかなったことです。繰り返し子どもを産み育てていく母親が、元気になっていくプロセスもそこにあらかじめ含まれているのでしょう。

つわりが終わり安定期に入ると、お母さんはとてもお腹が空くようになります。まるでお腹の赤ちゃんも食べているかのように、食べても食べてもお腹が空いてしまいます。けれど実際は赤ちゃんはほんの少ししか食べていないので、食べたものはお母さんの体に脂肪となって蓄積されてしまいます。しかし、母乳育児が始まり、母乳がどんどん作られるようになると、お母さんの体に蓄積された脂肪は乳脂肪に変化します。授乳の最中は食欲も出ますが、母乳に栄養分を大量に取られてしまうので驚くほど太りません。太らないというよりも痩せていく、というほどです。実際、赤ちゃんを産むまでは見るからに太っていたのに、母乳をあげ始めたら見る見る痩せていったお母さんは、身近に結構いるものです。

 

母乳はお母さんの血液から作られているのです。お母さんが食べ物から取り入れた栄養を運ぶ血液が、白いやさしい色になっておっぱいから出て行くのです。また、母乳育児に良い食べ物、とされるものは、脂肪分や油分が少なく低カロリーのものがほとんどです。甘いケーキや揚げ物などは、母乳をまずくしてしまう上に、乳腺を詰まらせてしまう危険性があるためご法度です。出産直後の子宮の回復時期は、体を引き締めやすい時期にもあたり、授乳期間はまさにプロポーションを磨く絶好のチャンスといえます。

 

とはいえ、授乳中のお母さんが急激に痩せようとダイエットをすることはとても危険です。体調が悪くあまり食べることができないまま授乳を続けることも同じく、あっという間に貧血になってしまいます。バランスの良い食生活を送ることを、必ず心がけましょう。

Q. 母乳で育てると病気になりにくい?

 

A. 母乳がミルクに比べて圧倒的に勝っている点は、免疫物質が含まれている点です。特に出産後、最初に出てくる黄色がかった初乳は免疫物質を大量に含むので、必ず飲ませてあげたいものです。免疫物質は赤ちゃんの胃や腸の粘膜にまるでワックスをかけたように広がって、細菌やアレルギー物質、ウィルスが体内に入り込まないようにブロックします。この初乳の免疫物質で、およそ半年の間、赤ちゃんは病気に対する抵抗力を持つといわれています。その後、母乳はさらさらとした白い成乳と呼ばれるものに変わりますが、引き続き免疫物質は少しずつ含まれ続けます。また、母乳はほ乳瓶のミルクと比べて、赤ちゃんが力を使わないと飲めないので、自然に顎が丈夫になり、噛む力も備わります。顎を使うことで脳の発達も促されます。母乳で育てることで、赤ちゃんの体の中のよい循環がうまれてくるのです。

 

 

Q. 育児休暇をとらない場合は母乳を与えないほうがいい?

 

A. 産休明けから仕事に復帰する予定であっても母乳育児をあきらめる必要はありません。もちろん、赤ちゃんはご実家や保育園に預けることになりますから、妊娠期間からのしっかりした準備が必要です。母乳で育てていく強い希望を伝え、ミルクではなく母乳をほ乳瓶で飲ませてもらうように頼まなくてはなりません。なかなか受け入れてくれる保育園が見つからないかも知れませんが、あきらめずに探してみてください。仕事に復帰してからも、日中の母乳を搾乳して冷凍保存しておかなければなりませんから、よりお母さんは忙しくなることでしょう。職場の都合や、通勤の都合で、どうしてもミルクの保育園しか見つからない場合、そのときは、家に帰ってきたときに十分におっぱいをあげればいいと考えましょう。あまり思いつめると疲れてしまいます。完璧でなくてもいいのです。ケースバイケースで乗り切りましょう。ただ、そのときは、日中授乳ができないことでおっぱいが張ってしまいますから、乳腺炎にならないように搾乳するなどの注意が必要です。

 

 

Q. 桶谷式のマッサージとは?

 

A. 桶谷そとみさんという助産師さんが創始者です。独自のマッサージによって、母乳の出ない人も、母乳の詰まってしまった人も、スムーズに授乳できるよう改善を促してくれます。マッサージのほかにも、母乳育児についての悩みや、栄養指導など、さまざまな相談に乗ってくれます。乳頭が小さすぎたり、扁平、陥没していたり、一見して母乳が出にくそうなおっぱいも、桶谷式のマッサージを受ければほとんどの人が十分な量の母乳が出てくるようになります。また、出過ぎる母乳も適正な量の分泌に抑えることができるようになります。乳管が詰まって乳腺炎になってしまった人にも、マッサージで速やかに回復を促します。桶谷式のマッサージは痛くなくて気持ちいい、というのも大きな特徴でしょう。母乳育児を進めていく上では力強い味方になってくれるところですから、トラブルを抱えて困ってしまったら、母乳育児相談室などを訪ねてみるといいでしょう。

 

 

Q. 母乳育児にメンタルケアは必要?

 

A. 母乳育児を進める上で、ご主人やご両親のメンタルケアはお母さんの前向きな気持ちを支える大変重要なものです。母乳育児は赤ちゃんが欲しいときにいつでもおっぱいをあげることが基本ですから、授乳回数はミルクで育てられた赤ちゃんよりずっと多くなります。夜中に何度も起きて授乳する期間も長く、お母さんの疲労はお父さんが想像するよりも大きいものです。かといって、授乳はほかの誰にも代わってもらうことはできないとお母さんは十分に理解していますし、その意味で赤ちゃんにとって唯一の存在であることは喜びでもあります。お母さんの気持ちを受け止めてあげる人が近くにいれば、また元気にがんばって育児を続けていくことができます。「つかれたな」「しんどいな」というお母さんの呟きを聞き逃さずに、耳を傾けてあげてください。もちろん、かわってあげられる家事は積極的に手を貸してあげてください。

 

 

Q. 母乳マッサージを受けると母乳が良く出る?

 

A. マッサージを受けると母乳は良く出るようになります。もちろん自分でできるマッサージでも母乳は出やすくなりますが、桶谷式など専門の技術を持ってするマッサージを受けると、驚くほど母乳の出が良くなります。乳頭が小さい、扁平、陥没などの理由で母乳育児をあきらめかけた人が、マッサージを受けることで立派に続けていける例はたくさんあります。逆に母乳が出すぎて困っている人も、マッサージにより分泌する量をコントロールすることもできます。ミルクも決して悪くはありませんが、母乳こそ赤ちゃんにとってもっとも良い栄養であることは間違いないのです。母乳でわが子を育てたいというしっかりした意思を持って、必ずできると信じてください。そして、マッサージを受けにいってください。母乳育児において、マッサージの持つ効果はまさにミラクルです。

 

 

Q. 喫煙や飲酒は母乳に影響する?

 

A. お母さんがお酒を飲むと、血液にアルコールが溶け込みます。母乳は血液から作られますから、当然母乳にアルコールが含まれることになります。赤ちゃんのために、授乳期間はできるだけお酒を我慢してください。どうしても飲みたくなってしまったら、授乳の直後に少しだけならいいでしょう。ビールをコップ1杯ほどだったら、1時間ほどで血液のアルコール濃度は元に戻りますから、2〜3時間空けて授乳すれば影響はほとんどありません。けれど、タバコは厳禁です。タバコをすうと母乳には血液と同様、ニコチンが含まれてしまいます。ニコチンが赤ちゃんの体内に入ってしまうと心臓などの循環器に悪影響を及ぼすことがわかっています。それだけでなく、お母さんが周辺の人が吸ったタバコの煙を吸ってしまうことでも、赤ちゃんが将来、喘息になりやすくなってしまうのです。授乳期間は、お母さんがタバコを吸わないことはもちろん、ご主人にも近くでタバコを吸わないよう、よく話し合っておいてください。

 

 

Q. 卒乳の時期は?

 

A. 卒乳の時期をあまり意識する必要はありません。赤ちゃんが「もう要らない」といって離れたときが卒乳の時と考えて、赤ちゃんが欲しがったらいつでもおっぱいを口に含ませてあげてください。以前は「断乳」と言って、1歳頃になると母乳を飲ませるのをやめようという傾向がありました。けれど、赤ちゃんは自然におっぱいを求めます。そして授乳のスタイルこそ、お母さんと赤ちゃんのスキンシップとして理想的な形なのです。断乳することは赤ちゃんにとってはつらいことです。おっぱいを口に含むことで赤ちゃんは安心します。いつまでもおっぱいをくわえ続ける赤ちゃんはいません。自然に離すときが来るまで、授乳を続けることが、豊かな情緒を育てていくのです。

 

 

Q. 妊娠したら卒乳させるべき?

 

A. 妊娠初期は子宮の状態もお腹の赤ちゃんの状態も不安定です。授乳は子宮の収縮を起こしますから、授乳を続けることは流産を引き起こす可能性があります。下のお子さんの妊娠が確定したら、まず医師に上のお子さんの授乳をしていることを相談してください。上のお子さんの年齢が低く、妊娠がなければまだまだゆっくりおっぱいを飲んでいられるくらいだと、お母さんもかわいそうになってしまいます。しかし、下の子の誕生は、上の子にとっても、すばらしい贈り物です。言葉で納得することができなくても、必ずわかってくれる日はやってきますし、卒乳までのつらさをお母さんが別のスキンシップで取り返してあげらるチャンスはいくらでもあります。もし、上のお子さんの授乳が原因で流産を引き起こしてしまったら、お母さんの心に深い傷を作ってしまいます。それは、上のお子さんの心にも傷を残すことになってしまうでしょう。くれぐれも慎重に対処してください。