母乳外来を受診する

赤ちゃんを出産する病院を選ぶときに、母乳外来があるところを選ぶと母乳育児を進める上で大変力になってくれます。産前の母乳マッサージや栄養指導、出産後には初乳の授乳や豊かな母乳分泌のためのマッサージ、退院後に向けた母乳育児の指導を継続的に受けることができます。そして退院後も母乳育児にまつわるさまざまなお母さんの悩み事に向き合ってくれます。妊娠してから、出産、育児に至る長い期間のお付き合いになるので、困りごとや悩み事も相談しやすい地盤ができてきます。

 

病院の中にあることで、母乳外来だけではなく、婦人科、時には小児科なども一緒に見てもらえるメリットがあります。育児の真っ最中のお母さんに、心配事や不安は尽きません。かといってお母さんがいつも悩みを抱えていたら、きっと赤ちゃんも不安になってしまいます。自分の体のことも、産褥期には思いもよらないことがあるのです。赤ちゃんが風邪を引いたり、便秘や下痢をしたり、自分の体調が悪いときも、そんな不安解決と一緒に、母乳育児の問題も受け止めてもらえたらいいですね。

 

桶谷式のマッサージ技術を持った助産師を母乳外来に起用して、母乳育児を強力にバックアップしている産婦人科の病院もあります。お産をしていなくても、母乳外来だけ受診できるところもあります。母乳育児は、母乳が順調に出てこないお母さんにはつらいこともあります。けれど、必ずできると信じてあきらめずに、さまざまな機関を利用してみてください。