食生活に気をつける

母乳を赤ちゃんにあげている間は、お母さんは特に毎日の食事に注意をしなければなりません。赤ちゃんにたくさんのおいしいお乳をあげるためのみならず、母乳はお母さんの血液から作られているので、バランスの良い食事を心がけていないとお母さんの体もあっという間に参ってしまうことがあります。良質な母乳のために望ましい食事はやはり和食です。和食にすると各種ビタミンやミネラルが自然に多品目取れるようになります。主食とし最も望ましいのはご飯で、水分が多く皮下脂肪になりにくい特性があります。おかずとしては野菜や小魚、海苔などの海草をバランスよく取り入れてください。

 

一つのものばかりをたくさん食べても、同じ栄養素を大量に取り入れることはできません。取り入れられない分は、尿の中に溶けて流れてしまうので無駄になってしまいます。また、旬のものは季節に合っているため農薬の使用量が少なく、栄養価も高いので、できるだけ取り入れていきましょう。そして、よく噛むことで唾液や消化酵素の分泌を促進して、効率よく各種の栄養を取り入れることができます。動物性たんぱく質や油や糖分(お菓子)は母乳がおいしくなくなってしまいます。動物性脂肪は、冷えると固まって乳腺を詰まらせてしまうことがあります。アレルギーを起こしやすい牛乳や卵にも注意が必要です。甘いケーキやお菓子はお母さんの楽しみのためにちょっぴりはいいとしても、大量に食べるのは厳禁です。

 

あとは水分をたっぷり取ることが大切です。乳腺の中をさらさらと流れる飲み易い母乳は、なんといってもたっぷりとした水分が決めてです。言わずもがなですが、アルコールはできるだけ我慢しましょうね。お酒臭い母乳がでてきてしまいますよ。どうしてもというときは授乳直後にちょっぴりだけ。分解されて血液の中に残らなくなる十分な時間(2時間以上)を空けてから授乳してください。