母乳育児トラブル対策

母乳育児を続ける中で、比較的多くのお母さんが体験するのが乳腺炎です。主にみられるものには、作られた母乳が排出されきれていないことから起こる乳腺炎と、さらに乳頭の傷口からブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌はいりこんで起こる乳腺炎があります。一般的には母乳がおっぱいの中に残って乳管を詰まらせてしまうことによって引き起こされる乳腺炎が多いようです。比較的たくさん母乳が出る人に多く、乳房が張ったり腫れたりして痛みの症状が出ます。対処法としては、助産師によるマッサージを施してもらい、乳管を開いて残っている母乳を排出します。乳房を冷やすことも痛みを和らげる効果があります。おっぱいを冷やすときには、赤ちゃんの口に入ってしまうかもしれないので薬剤の入っている湿布ではなく、冷やしたタオルや保冷剤、ジャガイモなどを切った切り口などの湿布がお勧めです。

 

乳腺炎の予防策として、乳管を詰まらせてしまうのは母乳の中の油分や脂肪分なので、授乳期間はできるだけ甘いものや油っぽいものを食べないようにすることが大切です。また、おっぱいのチェックを心がけて乳管に詰りがないか日ごろから見ておくようにしたり、入浴時など、体が温かくなって血流のいいときのマッサージも有効です。なり始めの軽い乳腺炎でしたら、おっぱいを暖めて乳頭や乳輪を軽くマッサージして乳管の詰りをとれば、すぐに直ってしまいます。

 

乳管が詰まって乳腺炎を起こしているときに、乳頭の亀裂などから、ブドウ球菌や連鎖球菌が入り込むとでひどい発熱と炎症を引き起こしてしまいます。乳房を触るだけでも痛む重症の炎症を起こしたり、膿瘍を発症させてしまうこともあります。このような時は必ず病院へ行きましょう。治療としては、抗生物質や鎮痛剤、消炎剤などを内服します。膿瘍がひどいときは切除することもあります。高熱のときは点滴治療によって速やかな回復が促されます。乳腺炎は日ごろのおっぱいのお手入れや生活習慣で事前に予防できる部分も大きいものですが、なってしまうと痛みや熱でお母さんには大変苦しいものです。母乳育児相談室や、出産した病院の助産師など、重症になってしまったときに駆け込めるところを周辺に見つけておくと心強いでしょう。

母乳育児をしているときは貧血になりやすいので注意が必要です。乳房の中にはたくさんの血管があり、お母さんの血液が赤ちゃんの栄養となるおっぱいに変わっていきます。血液は赤く、おっぱいは乳白色ですが、それは赤血球が母乳の成分になっていないせいで、母乳の成分には血液に匹敵する栄養分が含まれています。貧血は知らず知らずのうちに重症化してきて、お母さん自身ががんばりすぎて倒れてしまうこともあります。貧血になると、めまいや頭痛が頻繁に起こるようになりますから、ひどくなる前に早めに医師に相談することも大切です。

 

授乳中は特に食生活に注意して鉄分を取り、貧血にならないように気をつけなければなりません。鉄分の多い食品としては、小松菜、ほうれん草、菜の花などの緑黄色野菜、牡蠣、かつお、しじみなどの魚介類、高野豆腐や納豆などの大豆類、ひじきや切干大根などの乾物類があります。一度に大量に摂取しても、体が吸収できる量は限られているので、少しずつ何回にも分けて食べましょう。乾物などは、多めに煮て、小分けして冷凍保存すると便利です。できるだけ、母乳がおいしくなる植物性の食べ物から鉄分を摂取することをお勧めします。

 

もし赤ちゃんが飲んでいる母乳と同じくらいの血液が体外に流れてしまったら、お母さんの命にかかわる事態になることは容易に想像できます。哺乳動物のお母さんは、自分の身を削るようにして赤ちゃんにお乳をあげるという驚くべき行為を、いとも自然にやってのけてしまうのです。

乳頭に傷ができて痛くなったり血がにじんでしまうことがあります。赤ちゃんがおっぱいを吸う力が強かったり、マッサージせず硬いおっぱいのまま授乳を始めてしまったり、赤ちゃんに深くくわえさせなかった、赤ちゃんが噛む、などの理由で、乳頭に亀裂が入ってしまいます。扁平乳頭や陥没乳頭の人は、赤ちゃんが一生懸命吸おうとする分、やはり傷を作ってしまうことが多いといえます。乳頭に傷がつくとお母さんはとても痛くて、いつもどおりの授乳を継続することはできなくなります。

 

赤ちゃんがおっぱいを吸うときに、口の両端の部分はほとんど力が加わっていません。傷が軽いうちは赤ちゃんの口の両端に当たるように向きを調節して授乳することで傷を刺激しない方法があります。抱き方を変えることで向きの調節は可能です。傷口に馬油やごま油など、赤ちゃんが口にしても安全なものを塗って回復を促します。傷があるうちは、搾乳して母乳をほ乳瓶で飲ませてもいいでしょう。回復しきれていないうちに直接授乳を再開すると、どうしても同じところが切れてしまいがちです。また、傷があるとそこからブドウ球菌や連鎖球菌が入り込んで、乳腺炎を引き起こすことがありますから清潔を心がけなければなりません。乳頭保護器という直接授乳しながら乳頭を保護するものも市販されていますから、試してみてください。

 

なかなか治らないようなら、傷が重症化してしまう前に病院で薬を処方してもらってください。一時的に母乳を中断することで、母乳の出が悪くなってしまうことを心配するお母さんは多いと思いますが、回復して赤ちゃんがまた元気よく吸ってくれれば、おっぱいもたくさん出てきます。あせらずにしっかり傷を治してください。

授乳期におっぱいにしこりができてしまうのは、赤ちゃんの飲み残しの母乳が固まってできる「うつ乳」がほとんどです。乳管は両方の乳房に乳頭を中心に放射状に伸びています。その中のどれかに母乳が詰まってしまってうつ乳になってしまったとき、その乳管のつまりを取らなければうつ乳は治りません。どの乳管が詰まっているのかを見極められたら、そこをマッサージしたり、授乳の際に赤ちゃんが強く吸う方向に当てたりして、つまりを取り除いてください。

 

うつ乳を予防するには、やはり赤ちゃんがしっかりおっぱいをのんでくれること、お母さんが飲み残しを作らないようにしっかり母乳を搾りきることです。さらに、詰まらない母乳を作る、また、赤ちゃんが喜んで飲んでくれるおいしい母乳を作るためには、お母さんの毎日の食生活が何より大切です。糖分や油分を極力避けて、野菜中心の食事を続けていけば、赤ちゃんにおいしく、さらさらでおっぱいに優しい母乳が作られていきます。

 

また、授乳をする前に軽くマッサージをして、乳頭と乳輪を柔らかくすることを忘れないでください。飲みやすさも赤ちゃんがおっぱいを飲む上で、とても大切なことです。赤ちゃんがあまりおっぱいを吸ってくれないからと、安易にミルクを与えてしまうと、ますます母乳を飲まなくなりうつ乳の回復にも協力してもらえなくなってしまいます。乳管のつまりをもっともうまくとってくれるのは、やっぱり赤ちゃんです。詰まった乳管が見つかったからといって、あまり強くそこだけマッサージすると、かえって乳腺全体をいためてしまうことがありますから注意しましょう。痛みがひどかったり発熱してしまったりしたら、早めに病院へ行くようにしてください。