母乳はお母さんの血液

母乳とは、お母さんの血液かたつくられていることをあなたは知っていましたか?ママの乳房の中では、基底部から運び込まれた血液が乳腺によって乳汁へと作り変えられるそうです。それが乳管を通り、一度、乳管洞に溜まって赤ちゃんが乳首を吸うことにより乳口から出てくるというわけなのです。ちなみに、乳腺は汗腺に似ている形をしています。

 

乳腺は15〜20個ほどあります。この数に個人差はないそうです。そのため、胸が大きかったり、小さかったりと胸の大きさや形あどには関係しておりません。胸の大きさはあくまで脂肪量の違いによるもののようです。また、血液から作られた母乳が白色です。それは、母乳がつくられる過程において血液中の栄養分や白血球などが取り込まれるからです。

 

血液の赤い色である赤血球は取り込まれないから白いのですね。赤ちゃんはおなかに要るときから胎盤をつうじて栄養分をお母さんからもらいます。そして産まれた後はおっぱいから栄養分を吸収していきます。そう考えていけば、いい血液を作らなってあげなくてはならないとあなたも思いませんか?わたしも産院でチョコレートなどの甘いものをは控えるようにいわれました。それは乳腺がつまってしまうかたもみたいです。逆にあんこなどはお乳のでがよくなると昔からいわれていますよね。