母乳の成分

母乳の成分

母乳にはどのような成分が含まれているのでしょうか?それは科学が進むにつれて母乳は赤ちゃんにとって「理想の栄養」であることがわかってきたそうです。母乳には、人が成長するために最も必要とされる100以上もの栄養素がちょうどよい濃度で含まれております。母乳に含まれる主な成分(栄養素)についてご紹介したいとおもいます。

 

まずは、たんぱく質です。母乳中のたんぱく質は、牛乳に含まれるものと組成が異なっており、母乳に多く含まれる乳清(ホエーたんぱく)は牛乳に含まれるカゼインよりも人の赤ちゃんが消化しやすいたんぱく質とされています。そして栄養価も高いということが特徴だといえます。また、母乳中のたんぱく質濃度については母親が食べるものによって変化することはありません。

 

母乳中の脂肪は、赤ちゃんにとって主要なエネルギー源とされています。脂肪濃度は母親の食事に影響されます。おして授乳するたびに変化していきます。また1回の授乳でも最初と最後とではまったく異なるそうです。飲み始めは赤ちゃんのおなかがもたれないようにと脂肪濃度の低いものが出てきます。そして次第に高いものが出てくる仕組みとなっているそうです。