母乳が出る仕組み

母乳が出る仕組みについてご紹介したいと思います。赤ちゃんが生まれると「プロラクチン」というホルモンが分泌されます。このホルモンが分泌されることによって乳房にたくさんの血液が流れ込んでいk乳腺の腺房で母乳がつくられることになります。それと同時に「オキシトシン」というホルモンも分泌されていき、乳腺でつくられた母乳を乳頭へと押し出していきます。

 

これらの2つのホルモンの働きが繰り返されることによって母乳が出るようになっていきます。そのため、お母さんはできるだけ赤ちゃんに乳頭を刺激してもらうとよいでしょう。赤ちゃんに何度も何度もおっぱいを吸ってもらうことによって母乳が次第に順調に出るようになってきます。これは最も重要なことだそうです。助産師さんにも、そのようにアドバイスされたという方も少なくはないと思います。

 

ところで、赤ちゃんのことを考えていたり、泣き声を聞いたりしただけでも母乳がにじみ出てきた・・・というような経験を持っているかたもいるのではないでしょうか。前述したように「オキシトシン」は聴覚や視覚などの刺激によっても分泌されます。これはお母さんの情緒に影響するホルモンだともいわれています。強い不安やストレスを感じてると分泌が抑えられることもありますので、逆に赤ちゃんに対して愛情を感じてゆったりとした気持ちでいるとホルモンが分泌されやすいそうです。しかしながら、母乳が出ない=愛情不足ということではありませんので安心しても大丈夫だと思います。