母乳のいいところ

母乳のいいところはどのような所なのでしょうか。母乳育児は赤ちゃんにとって最も健康的です。そして自然な方法とされています。赤ちゃんにとってのメリットを考えてあなたおm母乳育児にチャレンジしてみましょう、母乳には赤ちゃんがすくすく育つために必要な栄養素である乳糖や脂肪、たんぱく質、カルシウム、ビタミン、ミネラルなどが過不足なく含まれています。

 

そして、それらの栄養素は赤ちゃんの腎臓や肝臓、消化器官などに負担をかけないような構成となっています。また、善玉菌が増えることによっておなかの調子もよくなります。さらに乳糖が多く含まれるので脳の発育も助けてくれるということなのです。母乳は赤ちゃんにとって消化がよくて乳児が必要とする栄養素を満たしているというように最高のバランス食品だといえるでしょう。

 

また母乳は、病気に対する抵抗力を強めてくれることから、「最初の予防接種」とも呼ばれているそうです。特に、産後2〜3日に分泌される「初乳」には分泌型免疫グロブリン(SIgA)と呼ばれている免疫体がたくさん含まれています。これが腸の粘膜に広がっていき細菌やウィルス、アレルギーの原因となる異種たんぱくの侵入を防いでくれるそうdせう。

 

母乳で育った赤ちゃんは乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率も低いとされています。さらに母乳は顎の発育を促してくれます。赤ちゃんが母乳を飲むためには、顎や舌などをたくさん使わないといけません。このおっぱいを吸うという運動こそが顎の発達を促してくれて、さらには脳の刺激となり全体的にみても発育に良い影響を与えます。顎の発達は、咀嚼力の発達とともに正しい歯並びを作るための基礎となるそうです。