まずい母乳を作る原因

母乳はお母さんが食べたものからつくられるわけですが、この食材を食べたらまずくなる、またはこの食材を食べたら美味しくなるというようなことがあるのでしょうか。一般的にいえば高カロリーや高脂肪とされるものは、母乳の質を悪くしてしまうそうです。これらを食べてしあうと乳汁分泌が早く起こってしまうために母乳の出がよくなったと勘違いするママも多いです。

 

しかし、これは大きな間違いです。おっぱいをなめてみればわかりますが、なんとなくしつこくて甘ったるい味がします。これはママでも「まずい味」だとわかります。最近では、スイーツブームなどから洋菓子類が豊富に出回っています。しかし、このような洋菓子を食べ過ぎてしまうとてきめんに現れてしまいます。おっぱいが張って詰まってしまったり乳汁の流れが悪くなったりというようなトラブルがあります。

 

最近では、自然の食材の五穀類やゴマ、小魚などを使ったお菓子も増えていますのでお菓子をどうしても食べたい時にはこのような自然素材のお菓子を代用してみてはいかがでしょうか。あとは、アクの強いたけのこや山菜類、そしてさばなどの青魚、刺激物なども控えたほうがいいでしょう。他にも気をつけたほうが良い食品はお餅です。昔から母乳の出を良くするといわれているのですが、残念ながらそのような成分は含まれていません。むしろ、お餅の粘りが母乳をねばねばにしてしまい詰まりやすくなることもあるそうです。